忍者ブログ

道民教ブログ

道民教のウェブページに付属する教育関係の方々、主に教員の方々の言葉を直接伝えるブログです。ちなみに管理人の羽二重餅は、教員ではありません!

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
この記事を書く直前に、頂いたコメントに返信を書いたのですが、どうにもそれはブログ記事本文か!
って自己ツッコミしたくなるほどなんか書きすぎてしまった気がします。
という余談は脇において。
前置き終了ー!

*****************************************

現役の教師の方に、私は

「どうかできるだけ、できるだけ不登校の子供を出さないで」

と泣いてねがっていた。
そんな私は不登校である。
後悔は、していたりしていなかったり。

不登校になってみてびっくりしたのは、学校に通うってこと以外何も考えていなかったという事だった。

何の疑問もなく小学校に入学し、卒業したら中学校に入るのが当たり前で、当たり前にそれを卒業したらきっと在学中に受験戦争とかいうのを適当にこなして、本当は近くのあの高校に入りたいな、とか言っていたけど学力がそんなにある気がしないから適当にランクとか下げてどこかの高校入って、当たり前に卒業してそこで就職かもしくは大学とか通ってから就職するんだろうなぁ。

という、その学校ありきのルート以外、私自身も、そして両親も、なーんにも考えていなかった。
当たり前、と恐ろしく当たり前にそんなもんだと思っていた。
不良、とか非行、とかいうものとも縁がない、小学校の通信簿に片付けをもうちょっと頑張りましょう、と書かれるくらいしかないような“イイコ”だった、というのもあって、その当たり前を外れたときのショックと混乱は、半端ない。
生き方すらわからなくなるほどだ。
私も私の家族もひっちゃかめっちゃかになった。

私も当たり前だと思っていた。
家族も当たり前だと思っていた。
ということは、世間も当たり前だと思っている。

“なんであなたは、誰もが普通にやっている当たり前のことが出来ないの!?”

という思いを、私は常に感じているように思う。
そういうのを感じて、委縮してしまう子が一人でも減るように。
私は、現役の教師をしている方にねがったのだ。

でも、不登校を否定するわけではない。
不登校になったあとを、誰も自分や我が子の未来として想像していない事が問題なのだとおもう。
不登校になってしまったら、という表現はまだまだある。
なってしまったら なんて、なんて否定的な表現なのだろう。
まるで悪いことのようではないか。
自分の命を守るために、自分の精神を守るために学校に通う事をやめた子どもたちが、どうしてその自分の命や精神を脅かす場所を離れても安心することが出来ないのだろうか。

私は今、周囲に対していう事が出来る。
「私は、中学時代に不登校になってそれから十年くらい、全く学校に通えませんでした。社会的にひきこもり状態でしたね」
と、ごく普通の会話に織り交ぜて、問われ、答え、それができる。

でもやっぱり、ずっと思っている。
不登校になってしまった私は、悪い子なんだ、と。
人の当り前ができない、出来そこないなんだ、と。

思ってしまって、抜けられない。
PR
つい先日、とある人に夜中に書いたアッパラパーな自虐ネタ搭載のメールを送ってふと思ったのです。
ちなみにこれ心当たりある人はなんかこっ恥ずかしいから読まなくてもいいでーすー。
でもウェブに掲載させたからには見られても文句言いませんけど(´・ω・`)

とりあえず、そう、夜中に感情を必要とする文章を書くと結構アッヒャッヒャな感じになるんですが、その時もそんな感じでアッヒャッヒャなメールを書いていたと思います。
そして送りました。多少変でももうメールもらって数日たっていたし、返事先延ばしにするよりいいかな、と。
多少内容がアレでもまあこの人ならいいか、という油断も……。

と、前置きが長くなりました。
とにかくそういう、ちょっと感情の有り余った上に自虐ネタを搭載したメールを送って、なーんか考えたんです。
自虐できる、っていうことを。

あ、これ前と違う、って。

友人と「やっほー! ひさしぶりー!」と掲げた手を打ち合わせたときに力を込めすぎて、「打ち合わせた手が思いがけず重くてびっくりした」と言われたときに、「重量級ですからー(笑)」と言える。
メンタル的にちょっと参っていて、そんなときに数日特に予定のない日があったので引きこもってみたらちょっと楽になれたことを「引きこもり最高\(^o^)/」とか書けたり。

私は昔から肥満症です。
もともと太めでしたが、不登校に前後した中学時代にストレスからさらに太って太りっぱなしです。
前は、それをひどくコンプレックスにして笑いながら「重量級ですからー(笑)」なんてとても言えませんでした。

中学時代に不登校や引きこもりっぽくなったのも、全方位に対する引け目でした。
昔の私が「ひきこもり」という単語を自分で口にするときは、必ずそれは自らを貶める発言の一つだったでしょう。
今でも自虐ネタっていうくらいですから自虐的ではありますが、休んだらちょっこし回復しました、くらいの笑い話に自分で使えている。
(対家族にはまだまだとても使えませんが)

そういう変化が、意識してみればあちこちにある。
前、とか昔、という風に書きましたが、その前や昔と、今の違い。
それがいつから違っているのか、なんとなくあのへんかな?と意識できるものもあるのです。

不登校で、社会的ひきこもり化は未だ継続中に等しいと自分では思ってて、たまに出来そこないの娘でごめんなさいと泣きわめいて、変われないものに苦しんで身動きできないでいて。
それでも、こういう変化のように、以前は絶対できなかった事が、今は感性が変わったからできる。
昔だったら自分を卑下するためにしか使えなかった単語を、ただの自虐的とはいえ冗談としてあけっぴろげに使うことができる。

この自分の感性の変化は、周囲の方々から、私がいいほうに変わって来たね、と言われ始めたあたりと被るし、自分で言いながらも、自分の意識が自分を貶めていない、という点ではすごい進化だと思うのです。

そ・の・て・ん・に!
その点にだけ目を向けられればいいのに!!!

何でしょう。
後ろ向きなんですかね? 私。
ここ数年はポジティブそうと言われることも増えましたが、実はネガティブを自称する方々より内面はよっぽどネガティブなんじゃないかとか思い始めた昨今。
自分の扱いが難しいです。


道民教新春学習会2014 に行ってきました。
その前に行われていた道民教の会議に、ウェブ関連の人として顔を出して、すまっこの席でなんとなく緊張でドキドキしながら聞いていました。

会場は宮の沢にあるちえりあという、生涯学習支援センターでした。
私、昔そこに通っていたんですよね。
中学時代、学校を拒絶していたころに。

そこに到着したころはなんの郷愁も感じなかったのですが、会議と講演が終わって帰るとき。
とぼりとぼりとエレベーターに向かって歩いている途中、なぜかふっと強い郷愁が心のうちにやってきました。

私の通っていた場所を、見てみたくてしょうがない。
懐かしくて苦しい。
でも悲しくて痛い。

なんで?

全部終わって午後六時近くの事です。
もう、その場所に通じる自動ドアも動かないのを知っています。
エレベーターの横の館内マップを見て記憶をたどります。
そう。この講演の行われた階と同じ三階。
別館に行くための廊下をぬけて、その向こうに学校に居ない子どもたちがいた。
そして、きっと今でも毎週いるのだろう。
私もそうで、あの子もそうで、午前の自習、みんなでお昼ご飯。午後からはウノやトランプ、囲碁や卓球で遊んだりして。
でももう、マップを見て、この部屋だった、とか、ここで居たんだ、とか、何も言えなかった。
学習室、という名前の部屋にいた。
でも、それがAなのかBなのか覚えていない。
卓球をしたのは、その学習室の斜め向こうの部屋。
カウンセリングを受けたのは、中扉で二つの部屋がつながっている場所だった。
でも、どの位置だったか思えていない。
当時知っていた様々。忘れてしまった。

その時一緒にいた子たちの事も、数名を除いて名前も思い出せない。
呼び合っていたのに。
もやもやっとして、胸が苦しくて。

エレベーターの前の館内マップの前で腕を組み立ちつくし、その場所のあったほうに行ってみたくて踏み出しては戻りを繰り返し、迷った挙句扉の前まで行ってみてはやはり戻りを繰り返している……。
ずっと見ていたら変な人だっただろうなぁ……(たぶんだれもずっとはみていないはずだ!)
以前にちえりあに赴いたときはこんなじゃなかったなぁ、と思い、自分の精神状態に行き当たりました。
前日の遠友塾の新年会で、私、気持ちの糸プツン状態になってひじょーに……そういう状態でした。
アレです。ぶっちゃけていうと新年会というたくさんの人が居る状態の中でボロ泣きしました。
それが尾を引いているんだろうなぁ。

と、地下鉄の中で自己分析して、よし、書こう、とメモを取っていました(笑)

感情が体に反映されやすいので、こんかいもこのもやっとした郷愁が、吐き気に感じられてしばらくなんかくるしかったです。

居たんだな、ここに、と思いました。
中学校時代は適応できずにはじかれてしまって、でもここでも、なかなか適応できなかったんですよね。

午前の自習の時間だけでせいいっぱいで帰ってしまっていた時期もとても長かったです。
どうして午後の時間もその場所に居られるようになったのか。
きっかけは、誰かがお昼の時にこぼした飲み物を、一生懸命に拭いてた人がいたこと、だったかな。
私はその時、拭くの手伝います、という意思を通すことができませんでした。
手伝いたい、と体が椅子から浮き上がっても、畏れてしまって何もできなかったのです。

午前の時間は、みんな自分の定位置に座っていて、動きません。
一応名目上は学習の時間、だったので。
動かないので私はその子のことを知りません。
人数に対してとても広い場所に居ました。
だから、一人でテーブル一個分のスペースくらい余裕で確保できていました。
最初はそれが私にとって、まずは居続けるために大切なことでした。
隣同士が近すぎる場所にあの時は行くこともできなかった。

そのきっかけがあってから、私は、話をしたい、と思ったのです。
誰かがこぼした飲み物を、わざわざテーブルの反対側からかけつけてふき取っているそのこ。
すぐ隣にいたのに身動きもできなかった私。

いつのまにか、午後の時間をとても恋しく思うようになっていました。

新年、明けましておめでとうございます。
あたらしい年の幸いなることに言祝ぎ申し上げます。

昨年度もいろいろありました。
今年度もいろいろあることでしょう。

昨年度はいろいろな方の助けを借りました。
今年もさまざまな方にお世話をかけることになるでしょう。

どんな何かがあったとしても、昨年を無事に生き抜き、新しい年を皆様と喜びの言葉を以って迎えられることを、何よりの幸いと思います。
ありがとうございました。

今年もまずは一年。
大病なく健やかに、皆様と共に在れることを願います。

                管理人@羽二重餅
母は、私に中学高校を通わせられなかったことを、たまに泣きながら懺悔する。
 ごめんなさい、ごめんなさい、と、そんなこと言われてもしょうがないのにふと思い出したように、たまに言われる。
 楽しい、楽しい、あのころのメンバーと会うのが楽しい! と同窓会から帰ってきて、ふと、ごめんなさい、ごめんなさい、あなたを学校に通わせられなくてごめんなさい、と泣きながらあやまる。
 私は、学校に通えなくなったことを母のせいとも父のせいとも思っていない。
 そう本心から思って、そう伝えても、その言葉は母の気持ちには響かない。
 ごめんなさい、ごめんなさい。
 謝られる私はどうしたらいいのだろう。許す、とでも言えばいいのだろうか。何を許すのかもわからないのに。
 そして、私に楽しい楽しい同窓会をする機会がもう永遠に来ないのだと思うと、自分が同窓会で楽しい、楽しい、と思いながら帰ってくることすら申し訳ないのだと嘆くのだ。
 もっと何かすれば、もっともっと何かしていれば、私は中学に通えて、普通高校に通えていたのではないかと母が悔やむ。
 仕事の無い日や仕事あがりに、学校に私の様子を見に行く、教室で、私が誰にいじめられているのか、いじめられないように見に行く、と気焔を吐いた父を止めたのは私だった。
 そして、母だった。
 止めた理由は二人とも一緒だ。
 それをしたら、私が通うのがもっとつらくなる。
 でも母は今それをも悔やむ。
 あのころ、止めなければ、いや、自分が積極的にもっと学校側に対してがっつり行動していればもしかして。
 ぶつかり合う事もあるけれど、でもたくさんの記憶を共有できる同級生たちと、何年も、何十年もたってから、久しぶりに対面して、ああ懐かしい。あのころはああだったね。こうだったね。実はあなたの事をこう思っていたんだよ、ええ、知らなかった!
 って。きっとお前も言い合うことができたんだ、出来たはずなのに、と、嘆く。
 正直、教師が頼りにならない学校の、あの教室の中で親に何ができたのだろうと今でも思う。
 いじめいじめと声高に叫ばれ始めて、いじめ防止法案なんてものまで出てきて、そんなものが出来たってあの教室のなかで私は居ることができないだろう。
 法案に基づいて対策がなされたって、私はなされたあとの教室になじんでそこで生活していける気がこれっぽちもしないのだ。
 今だって、年間何人の生徒が自殺しているのだろう。
 いじめは死ぬまで放置されるか、何とかしようと思った人がいても、改善されないまま結局誰かが死んで、その死んだ子はクローズアップされて問題視されても、生徒が死んだ学校で、他の教室の、他の学年で起きているいじめは、不登校は、それで何かよくなっているんだろうか。
 あるいは学校に焦点があたることで当事者に対して学校側が、改善の姿勢を示すために無理強いをして何かが良くない方向に動くことさえあるのではないだろうか。
 そして昼間の学校に通えなくなった子に、数十年ぶりと会って、楽しい、楽しいと思える同級生が居ない我が子に、親は何の負い目を感じるのだろう。
 私が居なくなったころはもう、あの教室から主犯格が居なくなったからと言って、私にとって戻れるような場所ではなかった。
 教師は信を置くに値せず、私は同級生をはじめとした人に対して話しかけ方がわからなくなる、という対人関係をつくるのにとてもとても大変な状態になっていた。
 どうしようもなく、私は消えていくしかなかった。

 久しぶりに、母に学校に通わせられなくてごめん、とあやまられて今日。
 楽しい、楽しい、と帰ってきて、とても楽しかった話をテンション高く娘に聞かせて、そしてごめんね、と謝る母。
 ごめんなさい、ごめんなさい、と私もあやまる。
 今日一日、せめて眠るときまで楽しいままでいさせてあげられなくてごめんなさい。
 こんな日に、私と会話さえしなければ、せめて、対話をしようなどと思わず、あいさつだけ済ませたら部屋に戻っていたら、そこまで母の気持ちを引き出すことなく、今日は楽しいままで終わらせることができたのに。
 私がいるだけで、楽しい一日を楽しいままで終わらせることができず、楽しい楽しい同窓会に、楽しいと感じることすらどこかに引け目を感じねばならない母に。
 
 ごめんなさい。
 学校に通う事すらできなかった出来そこないで、ごめんなさい。




深夜四時。羽二重餅。

プロフィール

HN:
管理人:羽二重餅
性別:
非公開

最新コメント

[01/15 星の玉子]
[01/13 星の玉子]
[06/25 大木光]

リンク

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 道民教ブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]