忍者ブログ

道民教ブログ

道民教のウェブページに付属する教育関係の方々、主に教員の方々の言葉を直接伝えるブログです。ちなみに管理人の羽二重餅は、教員ではありません!

2017/05    04« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »06
春の学習会の告知のチラシが完成しました。
MLに添付して送ってくださったのですが、文言が素晴らしかったので転載させていただきます。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

道民教ML参加のみなさん・電子版「みんきょう」読者のみなさん


2016年度も終了しほっとするとともに、4月から始まる2017年度・新学期に向け期待をふくらませていることと思います。

例年4月に行っている道民教「春の学習会」案内チラシが完成しましたので、お届けします。

今年は、4月29日(土)ゴールデンウィーク初日に開催します。

新学期がスタートして休む暇なく走り続けてきて、ちょっと一息つける、そんな時期でしょうか。

新採用者や若い教師たちは、迷いながらも、じっくり考える余裕もなく、過ごした1か月。

ぜひ、4月着任した新採用の先生に声をかけ、同僚に声をかけ、一緒に参加してください。

この時期に声をかけられるのは若い人たちにとっては嬉しいことです。

これから一緒に学年をつくり学校をつくり授業をつくっていく上で、またとないチャンスです。

改訂学習指導要領に向けた教育課程づくりや授業研究など様々な形で忙しさや子ども・教師への負担が増してきます。

一緒に子どもを語り授業を語れる仲間を増やしていく機会にしていきませんか。

GWの始まりの日ですから、札幌以外の方々もぜひリフレッシュとあわせて誘い合って参加してください。

添付している案内チラシを増刷りして配布願います。



●全体講演は、二通諭先生(札幌学院大学教授・道民教会長)の発達障害のある子への具体的なアプローチの仕方をわかりやすく語ってくれます。

学校現場では、どのクラスにも複数の発達障害をもつ子どもがいて教師は困っているにもかかわらず、その対応の仕方・受けとめ方などの研修の場は十分にありません。

また、この内容は、普通学級の子どもたちを見るとき・関わるときにも共通している大切な「子ども理解」です。

どの講座もとても豊かな内容で、どこに参加しても満足のいくものです。ぜひ、チラシをじっくり読んで広めてください。

●また、今回は例年の午後から始まる「春の学習会」の前に午前中から特別企画を設定しました。

子どもの貧困に関わりマスコミでもよく特集が組まれている「子ども食堂」についての報告とトークがあります。

日本では、子どもの貧困率が16%以上、学級に5~6人位いることになります。そうした状況の中で子どもたちは生活し学校に通っているのです。

そうしたことを理解しながら学級の子どもたちを見つめ受けとめていくことが、子どもに寄り添うという点でも、子どもの成長を支援していく上でも大切になってくると思います。

また、子ども食堂に集まる子どもたち・若者たちは単に「食べる」ということだけではなく、それぞれが家族や生活の大変さを抱えていたり、こうした場で人と人との関わりやあたたかさを学び励まされているのです。

そうしたリアルな報告や経験を学び合いたいと思います。

可能な方は、ぜひ午前の特別企画から参加してください。

よろしくお願いします。



「春の学習会」担当 太田一徹
PR
1月9日の新春学習会の詳細をやっと!
お知らせします!


◆今、学校は学力テストにつながる「学力向上」に追われ、多忙化と「○○スタンダード」という管理の中で、教師も子どもも安心と楽しさを十分にもてずに毎日を過ごしているのではないでしょうか。時間と自由を奪われストレスをため込むことは、いじめや問題行動、不登校となって表れできます。



◆今回の学習会は、「子どもの貧困」がいっそう進み、学習指導要領の改定・先取りを前に、子どもの姿を見つめ、そこに発達の可能性を探り支



え励ましていこうというものです。



◆ぜひ、ご参加下さい。




講師は加藤弘通さん!

北海道大学大学院教育学研究院・准教授
●発達心理学という視点から思春期に生じる様々な問題について研究されています。
●2013年から北海道大学に来られ、それまではフリースクールや中学校の情緒障害学級(通級指導教室)、相談室、教育委員会などでお仕事をされ、前任校の静岡大学では、教職大学院で現職の小中高等学校、特別支援学校の教員に心理学を教えられていました。
●単に問題を抑えたり消したりするのではなく、その中に発達の可能性をみることを心がけて、支援や実践の場に関わることを大切にしておられます。
●「さっぽろ子ども・若者白書2016」の執筆もされ、小中学生アンケートの分析では、「関係の分析」という手法から、今日の複雑に絡み合った中で生きる子どもたちをより広くより深く受けとめることに大きな役割をはたされました。
◆著書:「問題行動と学校の荒れ」(ナカニシヤ出版)他


講演タイトル「子どもの問題の中に発達の可能性を見る」
時間:15:00~17:00
場所:札幌市生涯学習センターちえりあ 研修室5・6

講演後、失語応答、フロアー交流を行います。
ぜひ、ご参加ください!
新春学習会のお知らせ
2017年1月9日(月)
北大の加藤弘通先生が講演を行ってくれます。 チラシや詳細は後程!日程だけは決定です!
内容やチラシについては後日ということで、興味のある方はまずはお時間だけ確保しておいてください!






ついでに私信で申し訳ないですが、長らくブログもご無沙汰しておりました。
なかなか近頃は忙しくなり、自分一人で人生を立ち行かせることができる、というところにはいかないまでも、元鬱系引きこもりニートとしてはよくよくここまで、という気がしないでもないです。
近頃は週3~4でラーメン屋で働き、一日は自分も立ち上げにかかわった学習サークルに参加し、期間限定ではありますが週に一度はアシスタントという名の雑用係の仕事をいただき、まだまだ食う寝る所に住む所、に関しては親のスネありきの生活ではありますが、医療費、被服費、交通費、医療費、など、曰くクウネルトコロニスムトコロ、以外の生活コストをどんどん自分のほうへ取り戻しております。
絶え間なく、さまざまな方に支えられてきたと思います。
以前、このブログをみた、がんばってね!と声をかけてくださった方もおりました。
おかげさまでぼちぼち元気にやっております。
ありがとうございました。
2016年 道民教フォーラム
●と き
2016年10月23日(日)
14:00~16:30<学習会>
16:30~17:00<集中討議>

●ところ
北海道クリスチャンセンター
(北7西6) 2F201
      (札幌駅より徒歩7分)

●ないよう
《Ⅰ部》学習会 13:00~16:30
◆講演◆
『子どもが求める学びを考える
~多くのテストと管理の中での、参加的な学び』
北海道の小学校・中学校では、引き続き全国学力テストの点数向上のための対策が行われています。2014年から市町村のごとの結果が公表されることで、自治体同士の競争という側面も出てきました。また、大学入試においては「大学入学希望者テスト」「高校基礎学力テスト」の導入が近づき、高校教育の転換も迫られています。学習の内容も方法も国が決め、それを忠実に実行しないと、児童や生徒のテストの結果によって評価され、管理される時代になってきました。
 教員が子どもに伝えたいこと、また子ども自身が望んでいる学びはどのようなものなのでしょうか。北海道の全国学力学習状況調査の結果の分析、大学生に行った高校の学習経験調査などを紹介しながら、本当に子どもたちのためになる学びとは何なのか、みなさんと一緒に考えてみたいと思います。

《講師》 高橋 亜希子さん (北海道教育大学旭川校准教授)
博士(教育学:東京大学大学院)    専門領域 臨床教育学、教育方法学
著書『総合学習を通した高校生の自己形成』東洋館出版、2013年
北海道の全国学力学習状況調査の結果の分析、全国・北海道内の高校をフィールドにした研究を行っている

 《Ⅱ部》集中討議~道民教運動継続のための重要課題~
   16:30~17:00
    (1)研究委員の再組織化と任務について (2)冊子「みんきょう」の紙面構成・執筆者について

■「道民教フォーラム」は、重要課題の討議を通じて新しい道民教運動そのものを検討する場です。加盟団体をはじめ、多くの関係者の参加をお願いします。
■学習会は一般に公開しますので、どなたでも参加できます。特に、サークルや地域民教の会員の方、役員・事務局を担当されている方・職場の同僚・周りの方に声をかけ、呼びかけてください。また、今後の教育実践研究の連携を深めたく、教育学をはじめとする研究者、大学院生にも広く参加を呼びかけます。

  《 主催・連絡先 》 北海道民間教育研究団体連絡協議会(事務局長 井上)
           〒061-1409 恵庭市黄金南1-15-9-103 井上気付
 【TEL/FAX】0123-21-8627   【E-mail】hiroue1976@yahoo.co.jp
4月23日(土) ちえりあ(札幌市生涯学習センター)
13:15~(受付 13:00~ ) 札幌市西区宮の沢1 条1 丁目1-10
(地下鉄宮の沢駅直結)
13:20~14:40 全体講演
~子どもたちの実態に則した授業づくりの見直しのポイント
講師 前田 佳子 先生(空知管内小学校教師)
●年度明け(学級開き、授業開き)の雰囲気が落ち着く4月下旬ごろに
表面化する子どもたちや子ども集団の様々な課題について、長年子ど
もたちによりそう教育を展開したベテラン教師からの「コツ」「ワザ」
そして「目のつけどころ」をコンパクトに学べる80 分です。

14:55~15:45 講座①
講 座 名 内 容 講 師 備考
1 授業づくり相談会  講演の質問や個別に相談したいことなどに講師の先生が応えます。
前田 佳子(空知管内小学校教師)
講演の続きです


学級集団づくり  基礎講座
今、困っていることを出し合いながら、これからどんなふう実践していけばよいか、構想を学び合いましょう。
星 徹(道生研)

3「ねこちゃん体操」でマットができる・わかる!①
マット運動に必要な体の使い方を
「ねこちゃん体操」で学び、基本技の指導のポイントを紹介します。
沼倉 学(学校体育研究同志会)
動ける服装で。実技は靴を脱いで行う予定です。


15:55~16:45 講座②

社会科授業づくり  基礎講座(仮)
(調整中)
村越 含博(歴教協)


気になる子への対応
相談会
引継ぎにはなかったのに、これまでの理解を超える言動をする子に困っている参加者の相談にズバっと応えます。
二通 諭(全障研・札幌学院大学)


「ねこちゃん体操」でマットができる・わかる!②
マット運動に必要な体の使い方を「ねこちゃん体操」で学び、基本技の指導のポイントを紹介します。
沼倉 学(学校体育研究同志会)
動ける服装で。実技は靴を脱いで行う予定です。


■申込 ※事前申込がなくても当日参加できます
右の主催者(道民教)連絡先に、氏名・連絡先(メール
or 電話or 住所)・勤務先名を連絡してください。
締め切りは、4月21日(木)です。

プロフィール

HN:
管理人:羽二重餅
性別:
非公開

最新コメント

[01/15 星の玉子]
[01/13 星の玉子]
[06/25 大木光]

リンク

| HOME Next >>
Copyright ©  -- 道民教ブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]