忍者ブログ

道民教ブログ

道民教のウェブページに付属する教育関係の方々、主に教員の方々の言葉を直接伝えるブログです。ちなみに管理人の羽二重餅は、教員ではありません!

2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
道民教のウェブ関連を、当面管理することになりそうな、羽二重餅といいます。
なぜ羽二重餅なのか。
それは、ほっぺたぷにぷにされて「羽二重餅みたい~!」と言われたからですが、そろそろそんな年齢も離脱予定(笑)
同じ羽二重餅の名前で別のブログもやっているので、こちらも同じ名前で行かせていただきます(`・ω・´)ゞビシッ!!


先日、4月の27日に、道民教の春の学習会に行ってきました。
チラシのPDFファイルです
午前中はこのウェブサイトをオープンするための承認を得るために会議に出席。
私、もともとは登校拒否からの教師不信。
教師がいっぱいいる環境、ってもう見るだけ聞くだけでアレな感じですが(どれとか聞かないで(笑))
カレーラーメンを食べてから午後が春の学習会です。

不登校時代に毎週通っていたちえりあで、「子どもたちは愛おしい」というタイトルで、霜村三二(さんに、と読むのだそうです)さんの全体講演。

前に、年明け直後の学習会に参加させてもらったことがあるのですが、最近の私はこういうの好きです。
面倒な本音を前面に押し付けないで、保身以外のことを考えて見せてくれる教師の姿を見ることで、私自身の教師、教育不信がちょっとずつ、薄れていくような気がするのです。

今回は三二さんの全体講演のあと、特別講座言葉を文字に閉じ込めないにも参加してきました。

霜村三二さんの講演、講座その中身については、当日もその場で感想用紙が配られていて、一言でも何か書いてほしいというものがあったのですが、私は、言葉になりません、と言葉を残してきました。
正直、今でも言葉になりません。
なんというか、私の中に生まれたのは本当にもう感情、なんです。
もちろんいい方向の意味でです。

引き込まれて、講演、講座、共に参加してきました。
聞いてきました、というよりは、参加してきました、と言わせるような、そんな講演をする人でした。

この記事を書きながらも、言葉にならない感情を言葉にしようとするとなんだか涙があふれてくるんですが、今になってやっと、少し言葉にできそうな。

なんとなく、就学期にこの人に出会った子どもたち、そして保護者たちは、幸いであろうな、と。

春の学習会、中身に関してのいろいろを書き込むのは教師の方々にお任せします……。
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
管理人:羽二重餅
性別:
非公開

最新コメント

[01/15 星の玉子]
[01/13 星の玉子]
[06/25 大木光]

リンク

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 道民教ブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]